想いを実現するために、コープ自然派の輪を拡げよう!

誰もが有機農産物を食べることができる社会をめざして。
この秋、「コープ自然派だいすきキャンペーン~わたしたちのみどり戦略をすすめよう!~」と題し、有機の田んぼと有機小麦を<食べて・拡げる>さまざまな企画(詳しくはこちら)を準備しています。
情報お見逃しなく!

テーマをもっと知る

今年のテーマは
<わたしたちのみどり戦略をすすめよう!>

コープ自然派は、日本の農業を守り、食料自給率の向上を目指す「国産派宣言」を基本スローガンとしています。

これは、日本の豊かな森・川・海の中で育まれた、地域の食材を使用した食文化を守るということです。しかし、現在の日本では諸外国と比べて、農薬や化学肥料が各段に多く使用されています。つまり、単に「国産」というだけでなく、有機農業を推進し「誰もが有機農産物を食べることできる社会」をめざすことが必要なのです。

こうした中、農水省は2021年5月に「みどりの食料戦略システム」を発表し、2050年までに有機農業の取組面積を全耕地面積の25%(100万ha)まで拡大するという目標を掲げました。

この画期的な計画により、ゲノム編集技術に依存する等の問題もありますが、画期的な計画で、日本でも有機農業が拡がる可能性があります。

コープ自然派でも「わたしたちのみどり戦略」を掲げています。これは、国産の有機農産物を拡げることで日本の農業・人々の健康を守ると同時に、生きもの豊かな有機の田んぼを増やし、コウノトリやナベヅルが棲める環境づくりをすすめるものです。

2022年秋の「コープ自然派だいすきキャンペーン」で、「お米を食べることで社会を変える」取組を、組合員の皆さん・地域の皆さんも一緒に拡げていきましょう!

コープ自然派のお米と小麦のおはなし

新米の初回利用状況(23号~25号)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 10165322.jpg

コウノトリ
育むお米
(無農薬)
5kg
140点

コウノトリ
育むお米
(省農薬)
5kg
57点
 

 

2022年のキャンペーンを知る、参加する、体感する

「学習会・講演会の開催」、「無料サンプルをお届けする<お友だち紹介キャンペーン>」、「組合員参加型企画」、「新商品・お手頃価格の企画」など、お見逃しなく!


各生協の「コープ自然派だいすきキャンペーン」サイト

地域色のあるイベントやオリジナルコンテンツを準備しています。