活動レポート

オンラインごみ座談会 ~家庭から出たごみの行方~

2021.3.31

□2021.3.31(水)
□主催:はなさかの会 
□会場:オンライン(zoom)

神河町にある「神河クリーンセンター」でお仕事をされている廣野ゆかりさんにお話を聞きました。廣野さんは、ごみの減量化の一環として、地域に出かけごみ分別の説明会を開いておられます。廣野さんのお話を聞いたあと、3つのグループに分かれてディスカッションしました。
イベント後のアンケートでは、ごみを減らす為にできることとして、「分別強化」「古い物を大切にする」「できるだけ買わないようにする」「ごみが減れば環境汚染も減らせるので、日々の生活では使い捨ては買わない」「買う時に捨て方を考えて買う」「自然派のものがプラだらけなのでごみが減らない」などの意見がありました。
ごみの処理にはお金がかかることや、自治体によって分別が違ったり、話を聞いたことでわかることがたくさんありました。
ごみは生活することで出るので、ごみを減らすには意識をして取り組む努力が必要だと感じました。