活動レポート

種まきしましょう

◇開催日:2021年5月9日
◇主 催:畑部(チーム)
◇場 所:京田辺市薪の畑

前回みんなで作った畝に、いよいよ種まきです。
準備したのは、サツマイモの苗と和綿の種。どちらも農薬や肥料は使われていません。
和綿はこれまでコープ自然派京都で、組合員のみなさんにも呼びかけしながら栽培をつづけてきた綿からとれた種です。
和綿は1か所に3粒程度、種の上に軽く土をかけます。サツマイモは45度の角度に苗を寝かせて土をかぶせます。植えた後は、また刈り取った草でたっぷりと覆います。
どこに何を植えたのかわからなくなるぐらいですが、草の下、土の中で育ってくれているのだと思うと、わくわくします。
今回は、綿繰り機や綿繰りをした綿、メンバーが借りてきてくれた綿の絵本なども用意しました。種が育っていく過程についてや、コープ自然派京都で和綿の栽培を続けてきていること、また海外では遺伝子組み換え綿の栽培がされていること、それが児童労働になっている場合もあることなどを簡単にお話しました。
そして、今回もンバーによる実験が大人気!花の色水に何かを加えると色水の色が変わる?!
畑の隅には、子どもたちによる畑も出来上がりつつあります。次は、草刈りしながら、生き物観察をする予定ですよー。