お知らせ

~組合員活動コラム~

2021.9.6


自然派カナリア

自然派カナリアは、心地良い暮らしの知恵をシェアする企画を通して、組合員のQOL(生活の質)を上げる提案とともに、化学物質過敏症(CS)の人の視点なども伝えていきたいと考えています。

『その香り、本当に必要ですか?~カナリアたちのネットワークと現代の公害』

自然派カナリアは香害や日用品公害について自然派に関わる皆さんにも知ってほしい、というところから始まりました。私たちは心地良い暮らしの知恵をシェアする企画を通して、組合員のQOL(生活の質)を上げる提案とともに、化学物質過敏症(CS)の人の視点なども伝えていきたいと考えています。今年はせっけん学習会も予定しています。

CSと診断を受けるほどではないけれど、強すぎるニオイで気分が悪くなる…そんな方も増えている昨今、企画に参加する皆さんから、「移香とナチュラルクリーニング」について知りたい、という声が多数寄せられました。洗濯の方法については、企画報告でシェアしましたので、このコラムでは「移香」についてお伝えしたいと思います。

移香(いこう)」とは読んで字のごとく、においが移り付着することを指します。

これは香りがずっと続く!とか抗菌消臭効果が〇倍!といった合成洗剤・柔軟剤に使われるマイクロカプセル(最近はナノ化が進んでいる)による香害被害の一つ。〇〇の香り、と書いてあるものだけが合成香料を使っているわけではありません。強力消臭!みたいな商品は、ニオイの上に合成香料を重ねるマスキング消臭。また製品臭を消すための合成香料もほとんどの合成洗剤・柔軟剤に使われています。そうした製品の合成香料や化学成分がつまったマイクロカプセルは、洗濯排水からは川や海に流れ、洗濯物を干せば空気中に飛び散り、はじけて環境中に蓄積していきます。着て歩けば香料とともに化学物質で生活環境を汚染します。しかし、使っている人はニオイになれて気づかないんですよね…

この移香するニオイ、メーカーに落とし方を尋ねたら…なんと!「わかりません」という回答だったそうです。テレビでCMをしている製品は安全に違いない…本当にそうでしょうか。落とし方もわからないニオイをいかに衣類につけて長持ちさせるか、香らせるか(そこには当然、様々な化学物質も漂っている)…そんな無責任な商品が製造販売され、使用され続け、香料や化学成分で苦しむ人が増えて「21世紀の公害」として社会問題化しつつあります。

このような環境の異変を他より早く察知する人々により、香害や環境の化学物質汚染に対して緩やかな連携を目指す市民活動、カナリアネットワーク全国が立ち上がりました。目の前の問題解決だけでなく、まだ発症していない人や未来のこどもたちを守ることにもつながるネットワーク、興味がある方はぜひHPを見てクラファンにもご協力いただけたらと思います。

◇カナリアネットワーク全国 
https://www.canprehp.com/
◇カナリアネットワーク全国クラファン
https://camp-fire.jp/projects/view/454914


ビジョン推進会議準備会

月に1度(第2木曜日)、理事、チームや地区くらぶの代表が集まって開催しているビジョン推進会議。

会議を円滑に進めるため準備会では、何を伝え、何を話し合ってもらえるかを
考えています。 組合員活動メンバーが自ら考え、意見を出してもらいやすいように、
そして、日々の活動のヒントになるような、そんな素敵で充実した会議を目指して
います。ビジョン推進会議では、組合員のオブザーバー参加も募集しています。
例えば、商品学習会、国産オーガニック、地産地消、産地交流、農業体験、食育、
食文化、伝統食、遺伝子組み換え食品・ゲノム編集食品、種子法・種苗法、アニマルウェルフェア、
食料自給率、子育て、学校給食、生活支援、高齢者、障がい者、防災、憲法、民主主義、ジェンダー、LGBT、フェアトレード、文化、芸術、教育、子ども食堂、縁食、香害、アレルギー、化学物質、農薬、5G、環境、土、地球、脱プラスチック、5R、脱原発、再生可能エネルギー、気候危機、森林保全などのテーマで活動したい組合員、大募集です! 
一緒に組合員活動を盛り上げて行きましょう。