お知らせ

~組合員活動コラム~

2021.12.25

自然派防災カフェ

自然派防災カフェは、気軽に参加できて、深く防災について学び合う場を作る。自分の身は自分で守る事が出来るように、もしもの時に必要な事物を学んで備えることが出来るように、防災について話す場を提供し、組合員の防災意識の向上を目指す。というチーム目標のもとに、2020年4月に始まりました。
今年の6月には、「防災カフェのはじめの一歩」を開催しました。
カフェで話すように、お茶を飲みながらざっくばらんに気がかりや心配を話し合ったり、防災の事を話しましょう。と呼びかけ防災で気になること、シェアしたいアイディア、ローリングストックのアイディア、今自分が実際に持っている(車内に)防災グッズ紹介、今後したい企画、というとても内容の濃い、朝のコーヒータイム(ほうじ茶もありました)を過ごしました。面白いアイディアがシェアされたり、 興味深い情報を聴いてホーッと感心したり、と、意義のある一歩が踏み出せたと思います。
8月には、「夏休みに パラコードブレスレット(ホイッスル付き)を親子で作ろう!」というイベントをはぐくみセンターで、防災士の沖本さんを講師に招いて開催。
防災クイズ、家族の防災計画のポイント、防災キャンプの体験談も、画像をたくさん交えてお話ししてくださいました。子どもたちからも質問があり、親子で防災意識が高まる機会になったようです。自分達で作った(万が一の際に解けば用途は多種多様で災害時の備えにうってつけの)、カラフルなブレスレットを腕に巻いて帰ることが出来て、楽しくて有意義なイベントになったと思います。
来年の2月には防災工作カフェを企画中です。来年度は、防災センターの見学や応急処置を学ぶ、防災食 防災デイキャンプなどを企画していきたいと真剣な野心のある楽しいチームです。

すくすく

発達障がいの子どもを育てているママ達が、悩みやモヤモヤを話す場所が欲しい!と立ち上げたチームです。情報交換や親同士の交流、講師を招いての勉強会など企画しています。
~これまで開催したイベント~
「療育って何?何ができるのか聞いてみよう!」
「発達障がいに関する疑問や悩みをみんなで語ろう」

tenTEN

1人1人の意識を少しでも変えて、できることから少しずつ「行動」する。自然環境、地球、野生動物、これからの子どもたちのために私たち大人がすべきことを考えていきます。そして「運動×食」をコンセプトにして、みんなで楽しく体を動かし、そしてより良いものを取り入れる。運動を通してのコミュニケーション作りをテーマに活動しています。
今年度上半期は緊急事態宣言が発令され、開催予定していた場所もなかなかとることができず 練り直しの繰り返しでした。下半期は活動できるように、またメンバーと共に話し合いをしていきたいと思います。

オリーブの木

誰もが無用な被ばくをしないで済む社会を目指して活動をしています。
放射線や電磁波のことを中心に、メンバーの関心のある事柄の学習会を主におこなってきました。
また、マイノリティーになりがちで普段なかなか周囲の方と話せないような事を話せる交流会を行っていきたいと思っています。「オリーブの木」の花言葉は、「平和」と「知恵」です。知恵を尽くして平和な社会を目指していきたいです。メンバーも募集中です!

地域医療を考える奈良の会

私たちのチームは、国民皆保険が形だけのものになる日が来るという堤未果著『沈みゆく大国アメリカ』を読むことで、医療に危機感を覚えて始まったチームです。昨年までは講演会が主な活動でしたが、昨年からは堤未果著『日本が売られる』の中に書かれていた「種子法廃止」が、米・麦・大豆のタネが全部外国資本に渡され、私たちの食べ物が欧米諸国で癌、自閉症を引き起こすと言われている「遺伝子組み換え食品」に変えられると知り署名活動をしました。裏面には中・高校生にも関心を持ってもらえるよう説明マンガを添えました。その結果他団体とも協力し合い3,000筆以上の署名を集めることができました。残念ながら県の大きな動きには繋がっていませんが、引続き活動していきます。現在は『株式会社アメリカの日本解体計画』を勉強中で日本の将来について考えています。

チーム きらきら

こどもも大人も、心や身体、環境を大切にできるきっかけ作り、それをみんなで共有することを目指しているチームです。全員子育て真っ最中。できるだけ自然なものを選択することを意識した生活をしたいと思っています。
気になることがあれば話し合い、周りの方も巻き込んで共有していきたいと思っているので、機会があればイベントに参加していただきたいです。
『これまで開催したイベント』
〇みつろうラップ作り
〇自然派食材でわいわいたのしく無添加ホットドッグ・ランチ☆
〇「性のお話会」第2段オンライン開催
〇助産師山下百子さんによる『家族で聴く「性のお話会」』

東ティモール応援チーム

東ティモール応援チームはなかなか顔が見えない海外の生産者さん(コーヒー農家さん)とつながってみよう、東ティモールという国を知ってもらおうという目標を持って活動してきました。自然派で東ティモールコーヒーをお楽しみ頂いている方も多いかと思います。既に10年。理事の皆さんと東ティモールにも行きました。イベントとしてはコーヒーをいろんな角度で皆さんと勉強したり、東ティモールのアーティスト、エゴ・レモスさんのコンサート、東ティモールのお料理会や留学生のお話、研究者のお話、東ティモールの映画を見る会、先日は東ティモールにお住まいの方にオンラインでお話頂きました。と紹介文で突然なのですが、この10年間東ティモールについてやり尽くした感がメンバー間にもあり、このたびチームは解散し卒業させていただくことになりました。ただ今後とも東ティモールについて折を見て発信していきますのでどうか日本とは時差がない遠くて近い国、東ティモールをこれからもよろしくお願いいたします。


CIVIC ~より良い市民になるために

「CIVIC~より良い市民になるために」は、わたしたち市民が知ること動くことでより良い社会を作り、持続していけることがあります。そんなことを共に学ぶ場を作りたいと考えています。

難しい、わかりにくい、と敬遠されやすい社会問題や政治のこと、身近なのに知られていない暮らしのことを扱ったイベントを中心におこなってきました。 わたしたち市民が知ること動くことでより良い社会を作り、持続していけることがあります。そんなことを共に学ぶ場を作りたいと考えています。
【今までやったイベント】
『えっ!私の貯金ってこんなことに使われてたの?銀行を選ぶもう一つの基準』
『「使用済みビンをゴミの日に出さなくても良い方法」―再利用ビンの仕組みを知ろう!』
『大人のための、はじめての選挙』


ぽこあぽこお料理しましょう!

「ぽこあぽこお料理しましょう!」は、障がいのある方の自立と余暇の充実をめざして、始まった料理講習会です。この活動が共生社会への小さな一歩であればうれしいです。

障がいのある方の自立と余暇の充実をめざして、始まった料理講習会も10年を超えました。昨年からのコロナ禍で調理自習も休止状態ですが、兼ねてからの夢であるレシピ本製作に今年は専念しています。かわいいイラストの分かりやすい手順のレシピがたくさんたまっていて、このレシピを多くの方に是非見て頂きたいという思いがありました。
チーム名の「ぽこあぽこ」は、イタリア語の音楽表記の「すこしづつ」、「ゆっくり」という意味です。文字どおり、これからも、「ぽこあぽこ」で、お互いの気持ちを大切にして、のびのびと料理作りを楽しむとともに、この活動が共生社会への小さな一歩であればうれしいです。


自然派カナリア

自然派カナリアは、心地良い暮らしの知恵をシェアする企画を通して、組合員のQOL(生活の質)を上げる提案とともに、化学物質過敏症(CS)の人の視点なども伝えていきたいと考えています。

『その香り、本当に必要ですか?~カナリアたちのネットワークと現代の公害』

自然派カナリアは香害や日用品公害について自然派に関わる皆さんにも知ってほしい、というところから始まりました。私たちは心地良い暮らしの知恵をシェアする企画を通して、組合員のQOL(生活の質)を上げる提案とともに、化学物質過敏症(CS)の人の視点なども伝えていきたいと考えています。今年はせっけん学習会も予定しています。

CSと診断を受けるほどではないけれど、強すぎるニオイで気分が悪くなる…そんな方も増えている昨今、企画に参加する皆さんから、「移香とナチュラルクリーニング」について知りたい、という声が多数寄せられました。洗濯の方法については、企画報告でシェアしましたので、このコラムでは「移香」についてお伝えしたいと思います。

移香(いこう)」とは読んで字のごとく、においが移り付着することを指します。

これは香りがずっと続く!とか抗菌消臭効果が〇倍!といった合成洗剤・柔軟剤に使われるマイクロカプセル(最近はナノ化が進んでいる)による香害被害の一つ。〇〇の香り、と書いてあるものだけが合成香料を使っているわけではありません。強力消臭!みたいな商品は、ニオイの上に合成香料を重ねるマスキング消臭。また製品臭を消すための合成香料もほとんどの合成洗剤・柔軟剤に使われています。そうした製品の合成香料や化学成分がつまったマイクロカプセルは、洗濯排水からは川や海に流れ、洗濯物を干せば空気中に飛び散り、はじけて環境中に蓄積していきます。着て歩けば香料とともに化学物質で生活環境を汚染します。しかし、使っている人はニオイになれて気づかないんですよね…

この移香するニオイ、メーカーに落とし方を尋ねたら…なんと!「わかりません」という回答だったそうです。テレビでCMをしている製品は安全に違いない…本当にそうでしょうか。落とし方もわからないニオイをいかに衣類につけて長持ちさせるか、香らせるか(そこには当然、様々な化学物質も漂っている)…そんな無責任な商品が製造販売され、使用され続け、香料や化学成分で苦しむ人が増えて「21世紀の公害」として社会問題化しつつあります。

このような環境の異変を他より早く察知する人々により、香害や環境の化学物質汚染に対して緩やかな連携を目指す市民活動、カナリアネットワーク全国が立ち上がりました。目の前の問題解決だけでなく、まだ発症していない人や未来のこどもたちを守ることにもつながるネットワーク、興味がある方はぜひHPを見てクラファンにもご協力いただけたらと思います。

◇カナリアネットワーク全国 
https://www.canprehp.com/
◇カナリアネットワーク全国クラファン
https://camp-fire.jp/projects/view/454914


ビジョン推進会議準備会

月に1度(第2木曜日)、理事、チームや地区くらぶの代表が集まって開催しているビジョン推進会議。

会議を円滑に進めるため準備会では、何を伝え、何を話し合ってもらえるかを
考えています。 組合員活動メンバーが自ら考え、意見を出してもらいやすいように、
そして、日々の活動のヒントになるような、そんな素敵で充実した会議を目指して
います。ビジョン推進会議では、組合員のオブザーバー参加も募集しています。
例えば、商品学習会、国産オーガニック、地産地消、産地交流、農業体験、食育、
食文化、伝統食、遺伝子組み換え食品・ゲノム編集食品、種子法・種苗法、アニマルウェルフェア、
食料自給率、子育て、学校給食、生活支援、高齢者、障がい者、防災、憲法、民主主義、ジェンダー、LGBT、フェアトレード、文化、芸術、教育、子ども食堂、縁食、香害、アレルギー、化学物質、農薬、5G、環境、土、地球、脱プラスチック、5R、脱原発、再生可能エネルギー、気候危機、森林保全などのテーマで活動したい組合員、大募集です! 
一緒に組合員活動を盛り上げて行きましょう。