活動レポート

2020/2/20 行こう!舞洲ゴミ処理場 話そう!今日から出来る脱プラ生活

2020.10.6

■ビジョンめぐる

こどもを含む総勢22名で舞洲工場見学に行ってきました。まるでおとぎ話に出てくるお城のような建物は、オーストリアの環境芸術家フンデルトヴァッサー氏のデザインで、自然と調和するよう考えられた設計だそうです。焼却や燃焼ガス・排水の処理方法など、職員の方の説明を聞きながら工場内を見学して歩きました。

ゴミ収集車が施設内に入ってくるところから、ゴミの投入、巨大なクレーンでの運搬など、直接見ることができ、次々運ばれてくるゴミの多さには衝撃を受けました。

家庭から出されたゴミがちゃんと処理されていることがわかって良かったですが、焼却して埋め立てるということには違いなく、未来のことを考えるとゴミの減量は考えないといけないなと思いました。

見学後は、近隣のスポーツセンター内の会議室に移動し、見学で持った疑問について意見を交わし、また、普段されているごみを減らす工夫などの情報交換をしました。例えばプラゴミになるものの購入を控える、生ごみの水分を切るなど、色々な方から、プラごみを減らす努力の仕方などを伺えて、知識や実践を分かちあうことができました。終了時間を過ぎてもワイワイ話が尽きないくらい盛り上がり、今日からは、他人事や絵空事ではなく、未来のため、地球のために、1人1人ができることをやっていこうと決意しあい終了しました。是非皆様もご家族で工場見学に行ってみてください♪


こちらは当日参加者の皆さんに配布しためぐるのメンバー皆さんで作成した資料です