沿革

1970年代、農薬・環境汚染・有害食品の氾濫・公害の発生など高度成長時代の歪みが明らかとなり、有機農業運動や消費者運動が盛んになります。
コープ自然派の前身はこうした運動の中から生まれた地域の小さな共同購入会。
この共同購入会が、やがて生協へと改革、そして消費者(組合員)共通の願いを実現していくために生協が手をつなぎ誕生したのがコープ自然派事業連合です。

1970年代

「徳島暮らしをよくする会」(任意団体/徳島県) 活動開始
「よつ葉牛乳関西共同購入会」(任意団体/大阪府・奈良県・兵庫県) 活動開始
※1970~1980年代を通じてLLミルク反対、水俣病患者支援、伊方原発反対、六ヶ所村反核派支援などの運動を展開

1990年代

1990年

よつ葉牛乳関西共同購入会が流通部を「株式会社生活ネット」として法人化
共同購入部を「たがやす会」とする

1991年

「徳島暮らしをよくする会」と「ふれあい共同購入会」を母体に「生活協同組合ふれあいコープ暮らしをよくする会」設立

1993年

香川県の複数の共同購入会が母体となり「生活協同組合オリーブコープ」を設立
ふれあいコープ暮らしをよくする会がふれあいコープ徳島に名称変更

1994年

「㈱コープ四国共同事業センター」発足
ふれあいコープ徳島・オリーブコープ・香川県学校生協・などにより第1回単協代表者会議開催
連合組織として本格的に機関運営がスタートする
事業安定を目指し、コープ四国共同事業センターと生活ネット・たがやす会の協力関係を強化、
商品企画などの業務提携の模索が始まる

1995年

四国で個人宅配「ポスティ」事業開始
高知県の共同購入会が母体となり「生活協同組合高知こだわりコープ」を設立

1996年

近畿で個人宅配「ポスティ」事業開始

1998年

たがやす会を生協法人にするため行政区で分割、北大阪部分を母体に「生活協同組合
コープ生活ネット」を設立
㈱コープ四国共同事業センターと㈱生活ネットが合併、「㈱コープ自然派事業センター」となる
四国・関西の生協連合体 「コープ自然派事業連合」発足
ふれあいコープ徳島・オリーブコープ・高知こだわりコープ・香川県学校生協・高知県庁生協
コープ生活ネットなどが参加

2000年代

2000年

たがやす会の兵庫県部分が生協設立準備会として活動開始
たがやす会の南大阪部分を母体に「生活協同組合ピュアコープ」を設立
「生活協同組合コープ自然派えひめ」設立

2001年

「生活協同組合連合会 コープ自然派事業連合」発起人会設立

2002年

5月  オリーブコープが「生活協同組合コープ自然派オリーブ」に名称変更
6月ふれあいコープ徳島が「生活協同組合コープ自然派徳島」に名称変更
10月   「生活協同組合連合会コープ自然派事業連合」創立総会
10月  「生活協同組合コープ自然派奈良」 設立
12月  「生活協同組合コープ自然派兵庫」 設立
12月  本部を徳島市川内町(現徳島川内センター)を所在地とし、厚生労働省より認可

2004年

2月   コープ自然派徳島が訪問介護「実のり」を開設
3月 本部を大阪市西区へ移転
3月 コープ生活ネットとピュアコープが合併「生活協同組合コープ自然派ピュア大阪」となる
4月 徳島川内センター 共済部局設置
10月   コープ自然派徳島が介護ステーション「そのせ」を開設

2005年

7月 高知こだわりコープが「生活協同組合コープ自然派こうち」に名称変更
9月 自然の住まい協議会 設立
9月   高知県土佐町と「環境共同宣言」締結

2007年

2月 高知県土佐町の「協働の森」事業へ参画
3月徳島川内センター 注文専用ダイヤル設置
4月(株)コープ自然派リンクス設立
9月「生活協同組合コープ自然派京都」設立

2008年

2月  徳島川内センター 食材セット部門 事業開始
5月  徳島川内センター 組合員サービスセンター設置
11月   神戸市西区に神戸セットセンター(冷蔵・冷凍ライン) 開所
 本部を大阪市西区から、冷蔵・冷凍ラインを徳島川内センターからそれぞれ移転
11月  事業所内保育施設『ひかりのくれよん』開園

2009年

10月  NPO「とくしま有機農業サポートセンター」認証取得
12月  会員生協統一総務業務 全生協運用開始

2010年代

2010年

5月  品質管理室、商品管理課を商品管理部として統合
11月徳島マリンピアセンター(ドライライン) 開所
 ドライラインを徳島川内センターから移転

2011年

8月 神戸事務所に放射能検査室設置

2012年

4月    コープ自然派徳島、コープ自然派オリーブ、コープ自然派こうち、コープ自然派えひめの4生協が合併し、「生活協同組合コープ自然派しこく」を設立
 「生活協同組合コープ自然派和歌山」 設立

2014年

6月  本部・神戸セットセンター敷地内にコープ自然派パン工房を開設
 コープ自然派しこくが本部を高松市に移転

2015年

4月   事業所内保育施設『ひかりのくれよん』が神戸市認可保育所となる
8月  株式会社コープ食材を設立(生活協同組合連合会アイチョイスとの合弁会社)

2016年

6月  品質管理部を設置
7月株式会社コープ有機を設立
12月  コープ自然派しこく えひめセンター移転

2017年度

1月  コープ自然派兵庫が本部・神戸センターを新設移転
1月株式会社コープ食材が事業開始
3月事業支援部を設置
4月マリンピア第2センター 新設
4月コープ自然派ピュア大阪が大東センターを新設
5月コープ自然派京都が京都府久御山町に移転
11月  本部・神戸セットセンター 増築・改修工事
11月神戸パン工房 増築・改修工事

2018年

2月   コープ自然派兵庫が姫路センターを移転
6月 コープ自然派ピュア大阪とコープ自然派和歌山が合併し「コープ自然派おおさか」を設立

2019年

5月  組合員数が15万人を突破