活動レポート

カテゴリー別

【オリーブ】「イマ、地球が危ない!  守れるのはキミだ!」〜地球温暖化学習会〜 

2020.9.7

8月4日(火)、認定NPO法人気候ネットワークの広瀬さんをお迎えして、zoomによる夏休みイベント「『イマ、地球が危ない!守れるのはキミだ!』〜地球温暖化学習会〜」を開催しました。 広瀬さんは、人間活動によるCO2等の増加により地球の平均気温がすでに約1℃上昇していること、そのために世界各地で洪水、干ばつ、大規模な森林火災等が頻発していることを教えてくださいました。日本でも、’18西日本豪雨や去年の台風19号による洪水など温暖化が影響している災害が毎年のように起こっています。このままでは数十年後以降、人も生物も生きることが難しい地球へ不可逆的に変化すると予測されています。それを避けるためには、2050年までに化石燃料を卒業し、誰もが暮らしやすい社会に進化することが必須です。子どもたちの未来のため、できるところから取り組みを始めましょう。

(私たちにできること) 

①地球温暖化のことを調べる・発信する

②自然エネルギー(太陽光発電など)の比率の高い電力会社を選ぶ

③地産地消・旬の物を食べる ④温暖化を止める活動に参加する

⑤温暖化対策に力を入れている政治家や企業・銀行を応援する など

《参加者アンケートより》

● たった1℃の上昇で多くの現象、このままではイカンと強く思った。

● 私たち大人が子どもたちの未来を守る勉強と行動をしていかなければと強く思った。

● 森林や建築は地球温暖化に関係あるのか知りたい。

〔答え:森林はCO2の重要な吸収源ですが、開発などのため急速に減り続けています。原因は私たちの消費

行動による所が大きく、パーム油、コーヒー、牛肉(飼料の大豆)、コピー用紙等は持続可能な栽培方法のものを選ぶことが大切です。建築では断熱性を高めることやZEH(ゼロエネルギーハウス)にすることでCO2削減効果大、補助金も活用できます。いいご質問をありがとうございます。〕