活動レポート

2020/1/26・1/30  理事会(VOICE) ~映画を通して世界に触れる~自然派シネマ 「ザ・トゥルー・コスト」上映会

2020.7.17

少子高齢化社会、格差、貧困、教育、食料、難民、戦争、環境問題・・・身近だったり、身近じゃないけど存在する社会の数々の問題にたいして、私たちにいったい何ができるのか。
ドキュメンタリー映画を通して、知らなかった社会の課題を知り、考えるきっかけ作りができたら。そんな思いで2020年1月より「自然派シネマ」の取り組みを始めました。年間を通して、ユナイテッド・ピープルが運営する「cinemo(シネモ)」の対象作品から、さまざまなテーマの作品を上映していきます。

今回、その第1回目の作品として選んだのは、「ザ・トゥルー・コスト~ファストファッション真の代償」です。華やかなファッション業界の裏側にある、想像をはるかに超える深い問題を知ることとなりました。上映後には、感想をシェアする時間を持ち、みなさんの思いを共有しました。
昨年10月に行った「運営メンバー募集」に問い合わせいただいた方を対象に「自然派シネマ準備会議」を開き、10名の方が自然派シネマ運営メンバーとなりました。今後は、メンバーが中心となり、企画していきます。休日午後、平日午前の企画に加えて、コープ自然派おおさかの組合員活動としては珍しい「金曜夜企画」も立案され、今までの組合員活動への参加が難しかった方々も、参加の機会があるのではと期待しています。ご都合のよい時間帯の上映会にぜひ一度ご参加ください。

~~今後の予定~~
3/10(火)10:00~『コスタリカの奇跡~積極的平和国家のつくり方~』
4/10(金)19:00~『できる-セ・ポシブル』
6/13(土)13:30~『シード~生命の糧~』