活動レポート

2021/3/13 オンラインでバングラデシュの伝統刺しゅう、ノクシカタ体験とフェアトレードのお話

2021.5.3

シャプラニールより講師、長瀬桃子さんにノクシカタ刺しゅうをオンラインで教えてもらいました。シャプラニールという組織の名前の由来から支援活動の様子、バングラデシュ、ネパール、国の場所や文化、置かれている状況、ステナイ生活を通して「バングラデシュの家事使用人として働く少女の支援」や「ネパールの洪水の多い地域での防災支援」がされていることを教えてもらいました。

そのお話の後、ノクシカタ刺しゅうの説明をしてもらい、刺しゅうをスタートしました。

手を動かしながら、質問があればチャットで質問しその都度答えをもらい、時々、モニター画面で長瀬さんの刺しゅうをお手本で見せてもらい、針の向き、すすめ方などもじっくりと教わりました。

イベント終了時に出来たところまでを、皆でモニター越しに見せ合って、その後はそれぞれ各自で完成を目指すことにしてイベントを終わりました。