活動レポート

2021/3/20 「いただきます ここは発酵の楽園」上映会

2021.5.10

■理事会

オオタ・ヴィン監督2作目となるドキュメンタリー映画「いただきます ここは発酵の楽園」。
会場開催で行い美しい映像と音楽を会場の大きなスクリーンで見ることができ、沢山の方に参加していただきました。
今回は発酵に注目し、私たちの生活とは切っても切れない「菌」についてのお話でした。

畑保育を行うみいづ保育園の子どもたちの純粋でキラキラの笑顔とイキイキとした姿。そして菌ちゃん先生こと吉田俊道さんのオーガニック農業への想いと土づくり。木村秋則さんの「奇跡のリンゴ」のストーリーなど。
食べ物はもちろん、農薬も除草剤も使わない有機農法では土も発酵し、農作物は菌のチカラで強く、おいしく、栄養価も高くなる。オーガニックで作物を育てるとなぜ栄養価が高くなるのか、なぜ身体にいいのかがわかりやすく表現されていました。
参加者のみなさんからは「どんどん発酵食を取り入れていきます」「コロナで疑問に思うことがありましたが、答えが見えた気がします」「映像と音楽が美しく、感動しました」など、沢山の感想がありました。
いい菌も悪い菌もすべてを殺菌するのではなく、私たちは菌の力で免疫力をあげ「コロナとの共存」には何が大切なのかを考えなければならないと感じました。