口あたり良く、後味すっきり、ほのかな甘み、ほんとうの牛乳ってこんな味。

コープ自然派の牛乳のこだわり

  • 酪農家が見える牛乳

    酪農家の顔が見える牛乳

    生乳を生産する牧場・酪農家を指定しています。

  • 乳牛のえさから「安心」にこだわり、非遺伝子組み換え作物を使用

    乳牛のえさから「安心」にこだわり、非遺伝子組み換え作物を使用

  • 国産自給飼料向上をめざす牧場・酪農家の生乳を優先

  • 低温での殺菌で生乳本来のおいしさを大切に!

    ※UHT牛乳を除く

おいしいの理由は製法にも!
ノンホモ・パスチャライズなど「牛乳の種類」を知ろう

ノンホモ牛乳って?

ノンホモ牛乳は、ホモジナイズ(生乳に含まれる脂肪球を細かくして均質化する工程)をしていない、より生乳に近い風味が楽しめる牛乳です。


搾ったままの生乳は、脂肪球の大きさが不揃いなため、そのままにしておくと乳脂肪分が上部に浮き上がってきます。
それを防ぐために、市販の牛乳の多くは、ホモジナイズ(均質化)処理がされています。

ホモジナイズ処理(均質化)

この処理をしない牛乳が、「ノンホモジナイズ(ノンホモ)牛乳」です。


ノンホモ牛乳は「生乳本来のおいしさ」が味わえる他、静かにおいておくと、上部にクリーム層ができるのが特徴です。

ノンホモ牛乳でしか味わえないクリームライン


ノンホモ牛乳だから作れる!
手づくりバター&手作りモッツアレラチーズ

コープ自然派のノンホモ牛乳

山地酪農牛乳

氷上ノンホモ
低温殺菌牛乳

パスチャライズ殺菌って?

牛乳パックやびんの表示を見てみましょう。

牛乳パックやびんの表示

牛乳の殺菌には大きく分けて、2種類の殺菌方法があります。

市販の牛乳の多くは超高温殺菌で2~3秒殺菌したものですが、コープ自然派で古くからこだわって組合員さんにおすすめしているのはパスチャライズ殺菌(LTLT・HTST法)の牛乳です。

パスチャライズ殺菌と一般の牛乳の殺菌方法の比較

牛乳先進国の欧米では低温殺菌(LTLT製法やHTST製法)が主流ですが、日本は流通する牛乳の9割以上がUHT製法(超高温殺菌法)といわれています。UHT製法(超高温殺菌法)は高度成長期に効率と品質保持のために広がった製法ですが、日持ちするため今も主流となっています。

パスチャライズ牛乳の味わい
パスチャライズ殺菌牛乳と一般の牛乳の特徴比較
もっと牛乳を飲んで日本の酪農家を応援したいという想い
生乳のおいしさを楽しめるパスチャライズド牛乳
おいしいけど、消費期限はやや短め!

パスチャライズド牛乳には、「牛乳が苦手だったけどゴクゴク飲めた!」「サラっとして飲みやすかった!」「コクがあるのにあっさり!」というお声をいただきます。
パスチャライズは、有害な菌だけ殺菌し、体に害のない菌は残すこだわりの製法のため、UHT牛乳に比べて、消費期限はやや短くなります。

コープ自然派の牛乳 産地マップ

コープ自然派の牛乳産地マップ


代表的な産地


おすすめ商品

よつ葉の
生クリーム

よつ葉
有塩バター

よつ葉
プレーン
ヨーグルト

ジャージー
ヨーグルト

よつ葉
シュレッド
チーズ

商品案内(カタログ)での紹介

商品カテゴリ