食品添加物の削減

コープ自然派は食品添加物に厳しい独自基準を設けています。

コープ自然派では「安全性に疑いのある食品添加物は使用しない」「必要のない食品添加物は使用しない」とする食品添加物の自主基準を設け、素材本来の味わいを生かすことを大切にした商品づくりを行っています。

また商品に使用されている原材料は商品案内(カタログ)に表示。組合員さんご自身でも確認しながら選んでお買いものができるようにもなっています。

※一部商品を除く

食品添加物とは?役割は?

食品添加物は、保存料、甘味料、着色料、香料など、食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されるものです。豆腐に使用する「にがり」など、古くから使われているもので、食品の製造や加工に必要なものも食品添加物となります。

それ以外には、下記のような目的使用されます。

食品の風味や外観を良くするためのもの
(例)
・着色料、発色剤など
・香料
・甘味料、調味料
・乳化剤、増粘安定剤

食品の保存性(日持ち)を良くし食中毒を防止するもの
(例)
・保存料
・酸化防止剤
食品の栄養成分を強化するもの
(例)
・栄養強化剤

食品添加物はどんな種類があるの?

日本では食品衛生法で決められた食品添加物以外は使用できません。食品添加物には4つの分類があり、成分や使い方決められています。


【食品衛生法による分類】

指定添加物       厚生労働大臣が安全性と有用性を確認して指定した食品添加物 
※今後新たに認可されるものは、天然・合成の区別なく、すべて「指定添加物」となる    
既存添加物 長年使用されてきた天然添加物
※いわゆる天然添加物
天然香料植物、動物から作られる香料
※いわゆる天然添加物
一般飲食添加物       通常は食品として用いられるが、着色や結着など、食品添加物のように使われるもの
※いわゆる天然添加物

身の回りにあふれる食品添加物

市販の加工品には、「安く」「簡単に」「おいしそうに」作り、「日持ちを良くする」ために、何種類もの食品添加物が使われていることがあります。

食品添加物は国が安全性を審査し、指定する制度があります。しかし、一つひとつの安全性が検証されていたとしても、複数組み合わせて使用する際の安全性の保証はほとんどされていません。

複合摂取のパターンは無限大!?

現在、日本が認めている指定添加物は472品目、既存添加物は357品目(2021年3月現在)。

市販の食べものはこれら合計829品目の食品添加物を巧みに組み合わせて作られます。その組み合わせはまさに無限ともいえるほどで、すべての安全性は到底調べようがありません。

表示されていない隠れ添加物!?

一括名表示


食品表示法では、複数の食品添加物をまとめて表示する「一括表示」が許されています。
例えば、食パンにイーストフードとして、塩化アンモニウム、グルコン酸ナトリウム、リン酸二水素アンモニウムの3種類の添加物を使った場合、食パンには「イーストフード」とだけ表示をすればよいことになっています。

(その他の例)乳化剤、酸味料など


簡略名または類似名表示


物質名がわかりづらい場合は、簡略名または類似名で表示することができます。

(一例)
・Lーアスコルビン酸→ビタミンC
・硫酸アルミニウムカリウム→ミョウバン
・アセチルリン酸架橋デンプン→加工デンプン


表示が免除される場合も


食品に使用した食品添加物はすべて表示するのが、原則ですが、「食品加工の過程で使用されるが、除去されたり、また中和されたりして食品に残らないもの」(加工助剤)、「原料中には含まれるが、使用した食品には微量で効果がでないもの」(キャリーオーバー)などは例外として表示をしなくてもよい場合があります。

例えば、冷凍惣菜の唐揚げなどに使用されている原材料の「醤油」は、実際に保存料などの食品添加物が使用されていても、原材料表示には記載されずに「醤油」のみの表示になります。

まさか!これって添加物なの?

ビタミン

一見、健康的なイメージのあるビタミンですが、栄養の目的の他、次のような目的で使用されます。

・ビタミンC…酸化防止剤などとして
・ビタミンB1…保存料の代わりとして
・ビタミンB2…着色料として
・カロテン…着色料として

すべて化学合成した食品添加物です。


加工デンプン

デンプンといっても、加工という文字がつくと食品添加物になります。
「加工デンプン」は、天然のデンプンに化学薬品を混ぜ、化学反応を起こして作ったもので、
・うどんの弾力を出す
・ソースやタレ、クリームにとろみをつける
・惣菜のパサつきを抑える、
・パンやお菓子の食感の向上
上記などの目的で用いられます。

コープ自然派の食品添加物基準

現在、日本で使用が認められている食品添加物のうち、コープ自然派では指定添加物全472品目、既存添加物全357品目の合計829品目を規制の対象としています。(2021年3月現在)

※キャリーオーバー・加工助剤を除く


ポスティ掲載商品

9割以上の食品添加物の使用を認めていません。


指定添加物

既存添加物
使用を認めている0
目的により使用を許容する56
使用は認めない773
合計829
※2021年現在
ポスティは、有機・無農薬栽培の野菜、飼料の安全性やアニマルウェルフェアに配慮した乳製品やお肉、水産品など、調理素材が中心の商品案内(カタログ)です。 コープ自然派の産直素材を使った「食材セット(ミールキット)」も毎週ポスティに掲載。 コープ自然派独自の商品取扱基準をクリアした調味料・加工品・惣菜もそろっています。


caocao(カオカオ)掲載商品

約5割の食品添加物を規制しています。


指定添加物

既存添加物
使用を認めている398
目的により使用を許容する66
使用は認めない365
合計829
※2021年現在
caocao(カオカオ)は「利便性が高く、リーズナブルな商品を!」という組合員さんからの要望に応えた商品案内(カタログ)です。化学調味料不使用の加工品や海外産オーガニック食品など幅広く掲載しています。特にお弁当用のおかずや、お昼ごはんに好評の冷凍食品の品揃えは豊富!

選んで利用できるよう、商品案内(カタログ)に原材料を表示しています。

コープ自然派の商品案内(カタログ)には商品の原材料を表示。組合員さんご自身でも確認しながら選んでお買いものができるようにもなっています。

※一部の商品案内(カタログ)・商品を除く
 

市販品と比べてほしい!こだわりの商品(一例)

コープ自然派 焼プリン

ミニカップ
ゼリー

光食品の
安心サイダー

商品案内(カタログ)での紹介記事

コープ自然派の情報メディア「Table(タブル)」より
「食品添加物」関連記事